不登校トロピカルS4のおしっこ発見♪舐めっこ大好きエロチビま○こ

JSとの体験談いたずら, お持ち帰り, JS

詳しくは話せませんが仕事で独立して自宅を仕事場にするようになりました。
僕の住んでいる地区は外国人労働者の多いエリアで、そうした外国人相手の商売をするお店も多いのでとても多国籍な雰囲気のところです。自宅のマンションにも外国人居住者が多いのですが今までは自宅は寝るためだけの場所だったのであまりご近所さんのことは詳しくは知りませんでした。
2Kの狭いマンションなのでほとんどは一人暮らしのようですが、中には子供のいる家庭もあるようなので学校の終わる時間になると可愛い子供達の声が窓の外から聞こえてきます。

元々ロリコンだった僕は仕事がはかどる夜中に集中して作業をして明け方から就寝して午後に起き出すのが習慣になり始めた頃から意図的に子供達の下校時間を狙って外出する癖がつきました。
外廊下やエントランスやエレベータホールなどで子供と行き違いながらコンビニに向かい、可愛い子がいないか物色していました。

そんな中で一人気になる女の子がいました。
その子とはよく外階段の途中ですれ違うのだけどランドセルを背負っている姿を一度も見たことが無く、行きに階段ですれ違ったのに帰りにもまた階段に居ると言うことも度々でした。
顔はクリクリと大きく釣り上がった綺麗な目をしていて少し大人っぽい顔立ちだけど、細過ぎるくらいの手足で胸もほとんど膨らんでいない身体から推測すると4年生くらいと言ったところでした。肌の色や顔立ちからタイかフィリピン辺りの血が混じった子だと感じます。
他の子たちと比べても断トツに可愛いこともあって僕は彼女の事がとても気になるようになりました。

起床するとすぐに外に出て階段を上から下まで何度も歩くようになり、徐々に彼女の事が分かり始めてきました。
彼女はどうもまともに学校に通っていない様子で週の半分近くをマンション内を徘徊して過ごしているようでした。
そして観察していく中で1番の収穫は彼女が最上階まで階段を登って行く時にはどうやらオシッコをしているようだと気付いたことでした。
彼女が上階から降りて来た時に入れ違いに階段を上がり確認しに行くと階段の踊り場が必ず濡れていました。僕はその水分を指ですくって匂いをかいだりしながら彼女がそこで股を開いてしゃがむ姿を想像していましたが、だんだんとそれだけでは満足出来なくなりどうしてもその姿を直に見てみたくなりました。

そして意を決して上階に上がって行く彼女の後をつけて行き彼女がオシッコを始めるまで息を潜めて待ちました。
しばらくするとオシッコの音が聞こえて来たので一気に彼女が見えるところまで駆け上がりました。僕に気付いた彼女は驚いた顔をしながらもどうすることも出来なかったようで大きく股を開いたままオシッコを続けていました。
そして無理やり止めたように突然オシッコが止まり慌てて立ち上がってパンツを上げながら
「すいません! すいません!」と謝ってきました。
僕は彼女の目の前まで階段を昇り
「いや、別に俺の家じゃないから謝らなくても良いよ」
と言って笑いかけました。

「トイレ我慢出来なかったの? お家は何階? そう言えばよく階段で会うよね?」と話を続けました。
彼女は初め怒られると思ったのか少し緊張した様子でいたけれど、僕がにこやかに話しかけるうちに安心したのか笑顔で言葉を返してきました。

そこで僕が「ところでオシッコしたあとティッシュでふかないの? おまんこ綺麗にしてないと病気になっちゃうよ?」と言い、これ貸してあげるから拭きなって言って僕のハンカチを渡しました。
彼女は少しビクビクした態度でハンカチを受け取り、僕の方をチラチラと見ていたので「大丈夫だよすぐに洗うから気にしないで使ってね」と言うと恥ずかしそうにもう一度パンツを下ろして股を覗き込むようにしながら僕のハンカチでおまんこを拭きました。

そのハンカチを見てもまったく濡れてなかったので「そのままパンツ履いちゃったからパンツがオシッコを吸い取っちゃったんだね、しばらくパンツ乾くまで履かないでそのままにしていた方が良いよ」と言ってやりました。
彼女は素直に従って膝のところにパンツを残したまま僕を見ていたので「少し湿らせてから拭くと綺麗になるかもね」と言って指に唾をつけておまんこに触れました。

ツルツルの肌の触感の中で皮膚とは違う吸い付くような小さなおまんこの感触を感じました。
彼女の様子をうかがうと全くの無抵抗だったのでそのまま足元に屈んで直接おまんこを舐めました。
さすがにそれには彼女も僕の頭を手で押さえて後ずさりしましたが僕は彼女のお尻を掴んで引き寄せておまんこを舐め続けました。

ちょっとすると抵抗もやめた彼女が足をモジモジさせていました。
僕がお尻を両手で揉みながらおまんこを舐め続けていると「なんかくすぐったいよ~座りたい」と言われました。
一度顔を上げてハンカチでおまんこを拭いてからパンツを履いていないのに階段には座れないからと言って僕の膝の上に座るように言うと素直にしたがいました。

膝の上で抱きかかえながらどうしていつも階段で1人で居るのかを聞いてみました。
彼女は言葉を覚えるのが遅かったせいで始めから勉強についていけず、先生に怒られてばかりで男子からはからかわれるので学校が苦手でいつも逃げてくるのだと話してくれました。
お父さんがいなくてお母さんはご飯屋さんで働いているから朝学校に行くフリをして家を出てからお母さんが仕事に出た時間を見計らってマンションに戻り、ランドセルを隠して階段で夕方を待ってお母さんの仕事が終わる頃に学校帰りのフリをしてお母さんの仕事先に会いに行くのが日課だと教えてくれました。

ひとしきり身の上を話した後でおまんこを手で触りながら「舐められたの初めて?」「気持ち良くなかった?」と聞くとモジモジしながら否定も肯定もしない態度でされるがままにしていたので顔を上げさせてキスをしました。
全くの無抵抗です。
舌を出すように言うと素直に出したのでそれに吸い付いて舐めました。

おっぱいも舐めてみたいなと言ってシャツのボタンを外しても無抵抗だったので中のキャミソールも捲り上げて可愛い膨らみかけのおっぱいを丸出しにして舐めました。
すると笑いながら「こっちの方がくすぐったい」と言うので「じゃあまたおまんこ舐めようか?」と言うとウンと頷いたので立ち上がらせてまたおまんこを舐めました。
もう抵抗もしないで少し嬉しそうなはにかんだ笑顔で僕を見下ろして舐める口元を見ていました。
随分長い時間おまんこを舐めてからその日はバイバイしました。

別れ際に「次から学校サボる時にはウチにおいで」「トイレも使えるし食べ物も有るよ」と言って部屋番号を教えると翌日すぐにウチを訪ねてきました。

チャイムが鳴ったので玄関を開けるとランドセルを背負ったままの彼女が立っていました。
僕は玄関の外を確認してすぐに彼女を中へ入れました。

ピンクのノースリーブから伸びた褐色の腕がとても綺麗です。
靴を脱ぐなり彼女は「お部屋広ーい」と言って中へ入って行きました。
作りは同じマンションの間取りだけど僕の家にはほとんど家具が無いので広く見えるようです。
しばらく部屋の中を見て回り、見慣れないものが有るといちいち反応して質問してくるのが可愛くて仕事のことなどを話してあげてからソファに座らせてジュースを出してあげました。

僕は彼女の来訪で起きたところだったのでシャワーを浴びて来るよと言って脱衣所へ行きかけたのですが、途中でふと思いつき目の前で服を脱いで見せました。
彼女はジュースを手に握ってじっと僕の裸を見ていたので「一緒に入る?」と笑いかけると笑顔で首を横に振って待ってると言うのでテレビをつけてあげて「待っててね」と言いました。
その間中も彼女の目線は僕の股間の辺りをさまよっていました。

僕は急いでシャワーを終えて腰にタオルを巻いて部屋に戻ると彼女が僕の机の上を物色していたので「そこは仕事の大事な道具が沢山有るから触らないで」と言うと慌てて謝っていたので「じゃあ罰としてお洋服脱いで見せて」と言ってノースリーブのシャツを引っ張って脱がせてホットパンツも脱がせてパンツ一枚にしました。

僕もタオルを外して全裸になって「2人とも裸だね」「おちんちん気になるの?」と聞くと笑いながらうんうんと頷きます。
「でも先に舐めさせてね」と言うと「おしっこしたかった」と言うのでトイレに連れて行きオシッコ姿を眺めてから雫の残るおまんこを舐めました。

オシッコ嫌じゃないの? と聞かれたので美味しいよと答えると嘘だーと言って笑うので「試しにおちんちんの先っぽ舐めてごらん?」と言うとウン! と元気良く答えてちんこの先をぺろっと舐めました。
「味しないなぁ」と言うのでシャワーしたばっかりだからねと答えてもっといっぱい舐めてみてよと言ってソファに2人で座りました。
彼女はちんこの根元を手で握りながら亀頭をぺろぺろとソフトクリームを舐めるようにして舐めました。
僕がiPadでエロ動画を検索してフェラのシーンを見せてやると食い入るように見た後にもう一度それを真似てフェラしてくれました。

何度も交代しながらお互いの身体を舐めて最後に手コキで射精を見せてあげました。
彼女は前日よりも感度が良くなっていて乳首を舐めてももうくすぐったがりませんでして。
凄く小さいけれどちゃんとクリトリスが有って、軽く皮を向いて舐めてあげると気持ちいいと言って僕にフェラしている間も自分の指で触っていました。
アナルを舐めてあげたら「そこが一番気持ちいいかも」と言っていました。

その日からは鍵を玄関横に置いてあるツールボックスの中に隠しておいてあげることにしていつでも出入り自由にしてあげました。
それからはほとんど入り浸りで土日にまで遊びに来て身体を舐めてとせがんで来ます。

彼女はお母さんが仕事が休みの日以外はほとんど学校に行かないので僕の部屋に入り浸っていました。
僕が寝ている間に部屋に入り込み、テレビを見たり漫画を読んだり、時にはAVを再生したりしながら僕が起き出すのを待っていてくれます。
AVやエッチな漫画を読んだ後には我慢出来なくなって僕を起こしにくる時もあり、そんな時は目を覚ました僕に「ね~舐めて~」と可愛い笑顔で甘えてきてとても可愛いです。

フェラも上手になって、ヨダレを垂らして根元まで咥え込むようになりました。
自分がアナルを舐められるのが好きなので僕のアナルもとても丁寧に舐めてくれます。
オシッコが始まりだったこともあってオシッコについて話すことが多く、エロ動画などで飲尿プレイなどを見させて教え込んだおかげで飲ませることに興味を持ってくれて僕の顔に跨ってオシッコしてくれるようにもなりました。
最近は僕のも飲んでみたいと言ってオシッコの後の残尿を舐めたりしてならしています。

勉強も少しづつは教えてあげてます、でも2人ともすぐにエロい事がしたくなるので最低でも3時間はいつもお互いの身体を舐め合っています。

さて、後日談で一番の変化が有った話をします。
ある日の夜にいつもならウチには来ない彼女が突然来訪しました。
お母さんが帰ってこないから家に入れないとの事で、そう言う事はよく有るのか?と 聞くと滅多にないけど夜帰って来ない事は時々あるとの事。

でも今回みたいに彼女が家に居ない時に出掛けて外に締め出したままにするような事は初めてだと言われました。
とにかくウチでお母さんを待とうと言って、「娘さんが家に入れずに困っている様子だったので部屋で休ませています」とメッセージと僕の部屋番号を書いたものを彼女の家のドアポストに見えるように挟んできました。
その時点で夜の9時を回っていました。

彼女にご飯を作ってあげて、さすがにお母さんが迎えに来るとマズイから今日は服を脱がないでいようと言う事で彼女が僕にフェラをしたり、キスや手マンなどをしながら抱き合ってイチャイチャしていました。
そのうち彼女は眠くなってしまってソファでウトウトし始めたのでベッドに運んであげて眠らせました。

もう一度彼女の部屋の前まで行って見たけれどお母さんが帰ってきた気配は有りませんでした。
メモに僕は自宅で夜中に仕事をしているので明け方の5時までは起きています、遠慮せずに迎えに来てあげて下さいと書き足して自室に戻り仕事をしていました。

すると深夜2時になって玄関をノックする音が聞こえて来たので玄関を開けると彼女の母親が立っていました。
とても申し訳なさそうに何度も頭を下げて、娘の事を心配している様子だったので僕も少し安心しました。
夜遅くにマンションのエントランスに一人でいる彼女を見かけて気になったから声を掛けたと言う、あらかじめ彼女と打ち合わせしていたストーリーでウチで預かった経緯を説明してから眠っている彼女を抱っこしてお母さんの案内で彼女の部屋まで行きました。

彼女の家は雑然としていて、彼女の言う通り同じマンションなのに随分と僕の部屋とは印象が違いました。
彼女を布団に寝かせて母親に挨拶をしてすぐに自室へ戻りました。
母親は何度もお礼を言いながら明日改めてお礼にうかがいますと言われました。

翌日の昼過ぎに彼女の母親は改めて僕の部屋を訪ねてきました。
昨夜帰りが遅くなった理由をしきりに言い訳していたけれど、要するに男が居て昨日は痴話喧嘩でもして帰れなくなったとかそんなところなんだろうな…とか思いながら話半分で聞いていました。

でも娘が何事も無かったことには本当に安心したようで何度もお礼を言っていたので意図的なネグレクトとかでは無いのだろうと思って僕も少し安心しつつ、母親は僕と娘のことを勘繰ったりしていないかと注意深く様子を伺っていました。
母親は僕のロリコン癖にはまったく気づく様子も無いようで、むしろ僕のことを本当に親切な人だと思い込んでいるようだったので親子の境遇を案ずるように話を進めて、
「娘さんが1人きりになる時間が多いのならばいつでも僕の部屋で遊んでもらって良いですよ。僕たち昨日お友達になったんです」と言うと妙に素直に「これからも娘を宜しくお願いします」と返されて拍子抜けしてしまいました(笑)

でもこれで堂々と彼女を家に招き入れることも出来るし、場合によっては夜に彼女を預かることも有るかもしれないと思って内心ではしめしめと思っていたけれど、母親にはこれからも親切なご近所さんのふりをして行こうと思いました。

母親と話をした翌日に今度は娘が僕を訪ねて来たので前日の母親との話をしてあげると彼女もとても喜んでいました。
そしてその日から彼女は堂々と僕の部屋で母親の帰りを待つようになり、母親も仕事の後に用事が有ると言って帰りが遅くなることも増えました。
彼女が寝てしまうことも有るのでお母さんが遅く帰る時には僕に連絡を下さいと言うと母親は素直に帰宅時間を僕に知らせてくるようになりました。
僕たちはその時間に合わせて全裸でベッドに入り、時間の許す限りお互いの身体を舐め合うようになりました。

彼女は学校をサボる日は朝から僕の部屋に直行して、学校に行った日には学校帰りに僕の部屋に帰ってくるようになりました。
毎日裸で過ごしてAVを見て研究しながら気持ちいいことをたくさんしています。
もうこの関係になってから3ヶ月が過ぎています。
最近は彼女もSEXがしたいと言い出して、少しづつ指やオモチャで小さなおまんこを広げていっています。
そして亀頭が全て入るくらいまでは感じてくれるようになりました。
亀頭を挿入すると彼女はすぐにビクビクと痙攣してイってしまいます。

おもちゃはローターとアナル系を買い揃えてあげたので僕が忙しい時にはそれらを使ってオナニーをしています。
仕事している僕の机の下に入りこんでフェラをしてくれたりもします。
彼女はフェラをするとそれだけでおまんこを濡らすようになりました。
色々なことをするようになってもやはり性感帯はアナルのままですぐに僕の顔を跨いで舐めて~とおねだりしてきます。
アナルの中に舌をねじ込むとすぐにイッてしまいます。
喘ぎ声もAV仕込みのエロい声をあげてくれます。
毎日舐め続けたからかオッパイが少し大きく膨らみ始めました。

【イメージ画像「あどけないエキゾチックガールの円光」(動画の志士)】
盗撮映像アーカイブ PEEPING WIKI

↓ [無料]更新お知らせメールの登録をする[毎週木曜日] ↓