伝言GET地味め妊娠中ぽちゃC2はみんなの肉便器♪

JCとの体験談妊娠, 中出し, 伝言ダイヤル, JC

ダイヤルQ2が倫理問題で下火になり、その代わりプリベートカード式の伝言ダイヤルが流行りだし、まだインターネットなんか存在してない頃。
携帯電話がじわじわ普及し始め、女達は携帯電話の有無で男の財力を図ってた頃の話。

風俗に行く金も無かった私は、伝言ダイヤルにハマっていた。
会いたい(つまりはヤりたい)旨をオープン伝言板に伝言に残し、興味を持った女から返信をもらうという仕組みだ。
当時は今のような警戒心もなく、割りと簡単に個人情報も溢れており、出会いも多かったように思う。
実際に何人かの女と関係を持つことが出来た。
その中にある地方都市に住むという女から、「今すぐ会いたいので会えるなら返事がほしい。」との内容で返信があった。
とにかく、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる理論で、すぐに会いにいけると伝言を返した。
すかさず返事があり、となり町まで迎えに来て欲しいとの事だった。
指定されたコンビニの前に行くとそこには少々太めの背の小さなショートヘアーの女が立っていた。
私の車を見つけると小走りに駆け寄ってきた。
取り敢えず、ドアを開けて車に乗せてまずは、軽くドライブしながら女の素性を聞くことにした。
しかし、どうにも年齢不詳。
見た目にはオバサンにも小学生にも見える。
話しかけてもあまり口を開かない。
で、色々話している内に、彼女は中学2年でありとなり町の農家の娘で、家では放任主義の親からもあまり気にされず、学校でも太っていることであまり目立たない存在であること。
一部の男子生徒には性的な対象として性的な悪戯を日常的に受けていること等が解った。
私は、中学2年の女子との今後の展開に大いに興奮し股間と妄想を膨らませながら、適当な場所を探すべく車を走らせていた。
流石に中学生をホテルに連れ込むのは気が引けたので、どこか人目につかない所で、女子中学生の股間を堪能しようと、かなり鬼畜な発想に駆られていた。

幸いにも、農家が点在する田舎町で、雑木林や人目につかない広場などが豊富にあり、場所はすぐに見つかった。
とにかく、雑木林の中にあるちょっとした広場に車を止め、その少女の話を更に聞いてみた。
彼女は、伝言ダイヤルで何度か男性を捕まえて性行為をしていると言った。
其の中でも数カ月前に出会った大学生の男が自分の好みであるのだが、1度だけ行為をしてそのまま音信不通で連絡が取れないと言っていた。
最初はその大学生を探すために伝言ダイヤルを続けていたが、今ではセックスが出来るなら余程嫌いなタイプじゃないかぎり誰でも良いと言っていた。
私は、自分はどのように見られているのか気になったので聞いてみた。
彼女いわく「オジサン、カッコイイから好きよ。」だった。
じゃ、オジサンとエッチなことしてみたい? と聞くと、ちょっと恥ずかしそうにしながら「うん…」と答えた。
私は、其の答えを聞いて、既にギンギンに勃起しているイチモツをズボンの上から彼女に触らせた。
彼女は「あ…」と言ってそのまま私の股間の物を軽く握る動作をし、「なんか…大きい…」と呟きながら、大きさを確かめるように手を動かした。

私は彼女の股間に手を伸ばして、パンツの上からその中学生の割れ目に指を這わせた。
彼女は一瞬身をすくめたが特に抵抗するわけでもなく、むしろ触りやすいように足を軽く広げた。
まだ濡れては居ないようで、乾いた布の上を私の指が移動している。
私の方はまどろこしくなり、ズボンを脱いで怒張をむき出しにして彼女に触らせた。
「やっぱり大きいね。入るのかなぁ?」等と言うので、「前の人はどうだったの?」と聞くと、クラスの男子生徒は全然小さくてやらせてあげてもすぐに(精子が)出ちゃうので全然つまらないけど、大学生はこんなに大きくないけど、クラスの男子よりは大きくて長持ちしてたので楽しかった。」と言う。
そんな話を聞きながら妄想は深まり、イチモツは硬さを増していった。

私は彼女のパンツを脱がせ割れ目を直に触ってみた。
毛は殆ど生えそろっており、オトナのそれとほとんど変わらない感じだった。
ビラビラは既に充血してパンっと張っていたが、あまり濡れてない。
と言うよりほとんど濡れてない。
クンニした方が良いのかと思って、シートを倒して彼女の足を持ち上げ割れ目に口を近づけた。
彼女は足を閉じようとしたので、ダメダメ閉じないでと言うと、そんな処に口を付けたら汚いからダメだという。
汚くないから舐めさせろと言って無理に舌をはわせると、其の瞬間に彼女は全身の力が抜けたように成って足を私の方に持たれかけた。
ジンワリではあるが、割れ目が潤ってきた。
若いので濡れにくいのかと思って丹念に舐めた。
小さなクリトリスを舌で転がしながら、左右のビラビラにそって舌を這わせた。
彼女は荒い息をしながら小刻みに「あっ、あっ」と声を漏らしている。
シャツをたくし上げ、幼いブラジャーに包まれた膨らみに手を伸ばしてみた。
太っているせいか、結構なボリュームの乳房でジュニア用のブラジャーが既にピチピチで役立たずな感じだった。
ブラジャーを剥ぎ取り胸を露わにして、その胸の大きさとは不釣り合いな小さな薄いピンクの乳首を吸ってみた。
彼女はくすぐったいと笑い出したが、既に抵抗はしなかった。

割れ目はもう充分の充血していたし、濡れていると判断して彼女の上に覆いかぶさって挿入を試みた。
濡れが甘いのでキツイかなと思ったが、いざ挿入すると思いの外すんなり挿入でき、入り込むときに彼女は「う、うーん」と息を漏らしただけで無抵抗だった。
ユサユサ車が揺れてそろそろ限界が近づき、「そろそろ出るよ、中で出すとまずいよね?」と言うと、彼女は妊娠を気にしてるなら大丈夫だよと答えた。
まさか、まだ初潮を迎えてない訳もなかろうと思い「どうして?」と聞き返すと、そこで衝撃の事実が彼女の口から漏れた。
なんと、例の大学生の子供を妊娠しているのだそうだ。
大学生と関係してから生理が止まったらしい。
病院こそ行ってないが、妊娠しているに違いないと言っていた。
一瞬萎えそうになったが、むしろそんな話が私の興奮をかきたてて、そのまま彼女の中に果ててしまった。
放出した私のイチモツを引き抜き、彼女の口で後始末させた。
取り敢えず衣服を整えて、妊娠の話しを詳しく聞くことにした。
大学生と関係して既に2~3ヶ月経過していた。
その時妊娠したのなら、妊娠3~4ヶ月になってるはず。
お腹はまだ目立たないが元々太っているので、5ヶ月になっても気づかないだろう。
私は、あまり深く関わらない方が良いかと思ったが、既に彼女の私の携帯の番号は知られてしまっている。
何か有れば、彼女は私に電話することが可能なのだ。
取り敢えず、一抹の不安を感じつつも彼女を元のコンビニまで送っていったのだが、ここから彼女と私の付き合いが始まった。

その後、1週間も間を空けずに電話がなった。
時間は午後の11時。
当時はまだ携帯電話が普及する前で、当然中学生の彼女は携帯電話など持っていないので、家族が寝静まった後に家の電話を使うことに鳴るのだ。
農家の家は早朝から仕事のため夜の10時には寝てしまうので11時位だと居間の電話が使えるそうだ。
彼女は会いたいので来て欲しいと言う。
車で30分くらいの場所なので、断って面倒なことになるよりは、会いに行ったほうが丸く収まるのではと思い、躊躇なく返事をし会いに行くことにした。
前と同じコンビニに行くと彼女はそこに立っていた。
つまり、夜中に家を抜けだして男と遊んでるわけだ。
すぐに車に乗せて移動開始。
前と同じ場所に車を停める。
今度はいきなり絡むんじゃなくて、少し落ち着いてるので世間話から…。

その後、彼女はいつもどおり普通に学校に行って、昼休みや放課後に、クラスの男子の欲望を処理して、今日も後ろから突かれたと報告してきた。
私はその話を興味ないふりをして聞いていたが、内心は大興奮で既に完全に勃起していた。
大学生の話を聞いてみたら、毎日伝言ダイヤルをチェックしてるが、その大学生らしき伝言は見当たらないと言う。
それでも妊娠してることは間違いないと思うので、探し続けるというのだ。
見つかったら教えてもらうことにしたが、まぁ多分見つからないだろうと思った。
話しながらやっぱり興味は下半身になり、2回目ともなると全開見せた恥じらいのしぐさは既に無く、当り前のように私のズボンの前を開き、怒張したイチモツを引っ張りだして、軽く手でしごきながら話をつづけた。
父親は疲れているのか、家に帰ってきてもすぐに寝てしまうこと。
母親は相変わらず放任主義で、娘がそとで男遊びしてるとは思ってないこと。
1歳上の兄貴が居ることをこの時初めて知ったが、その兄貴は彼女が男子生徒の相手をしてることを知って、彼女との接触を避けてること。
そんな話を色々聞かされた。
私は話の内容は殆ど興味がなく、ただうんうんと頷いてるだけで、はやくこの怒張を彼女の中にぶち込みたかった。
話が途切れた時に、彼女を脱がし前と同じように足を持ってその割れ目を露わにしてクンニした。
相変わらず濡れの悪いマンコだったが、それでも中学生のマンコだと思うと異常に興奮した。
全開と同じように彼女の上に乗っかり、イチモツを挿入して果てたのだが、イマイチつまらなかった。
私は、下半身を出したまま車をおりて彼女を車から降ろそうとしたが、彼女は外は嫌だと言って降りてこない。
仕方がないので、助手席の窓から私のイチモツを車に差し出して、彼女に舐めてもらった。
イチモツはたちまち復活したので、このまま2回戦へ突入するべく、嫌がる彼女を車から卸して、後ろから立ったまま挿入した。

真っ暗な雑木林のなかのぽっかり開いた広場に車を止めて野外セックスをする女子中学生と中年オヤジ。
見つかったら最後、すぐに逮捕されるという緊張感が快楽を増強させた。
下半身丸出しの女子中学生に後ろからツッコミ、腰を動かす度に、彼女のうめき声が雑木林にこだました。
辺は真っ暗で人の気配は一切ない。
好きなだけ声を上げても大丈夫なのだが、彼女は声を殺して呻いていた。
2回めが終わって、口で処理してもらい、車に戻った。
また電話すると言うので、まぁ何時でも好きなときに電話しなさいといって、コンビニまで送った。
この時コンビニでジュースを買ってあげたら凄く喜んでいた。

その後、何度か同じように待ち合わせてはカーセックスをした。
有る時は車の中でうつ伏せにさせて、お尻を持ち上げて後ろから挿入したりもした。
車内で出来そうなことは全部やってみたが、物足りなさを感じてしまうが狭いので仕方がない。

そんなある日、昼間っから電話がなった。
彼女の母親に妊娠がバレたらしい。
生理が止まって数ヶ月、生理用品が減っていない事に母親が疑いを持ったらしく、詰問されたと。
で、大学生と伝言ダイヤルで知り合って、セックスしてそれ以来生理がないと言ったらしい。
私のことや学校の男子生徒の事は言ってないので、母親は娘は大学生に遊ばれただけだと思ってるらしい。
そのせいで、夜出歩くことが難しくなったというのだ。
まぁそういう理由なら仕方がないので、しばらく会えないなと思っていた。

それから1ヶ月位してまた昼間に電話が来た。
なんだろうと思ったら、今度は例の大学生らしき伝言を見つけたというのだ。
私は、興味津々でその話を聞き、その大学生を捕まえようと思った。
取り敢えず、知らないふりして伝言を返して時間稼ぎをすること。
週末に会う約束を取ることを伝えた。

私の計画はこうだった。
日曜の朝に彼女を迎えに行き、私の部屋で2人で待機。
伝言ダイヤルを使うため家の固定電話が必要だからだ。
彼女に伝言を返させ、時間と場所を決めて、彼女と行く。
私が離れた所で待機して、彼女と大学生が合流した時点で私が出ていこうと思った。
しかし彼女は、大学生が特定できたなら裁判にするんで連れて来いと母親に言われたとかで、オレには関わってほしくないと言って来た。
なので、大学生を引き止める方法だけ伝えて電話を切った。
当然事の成り行きを後で報告してもらうつもりだ。

更に1ヶ月ほどして電話が来た。
大学生を取り押さえに、両親が待ち合わせ場所で待機。
大学生がその本人で有ることを確認し他時点で、両親が出て行って捕まえたそうだ。
本人は彼女とセックスしたことを認めており中出しもしたと認めた。
大学生の親に連絡して自体の収拾を図り、裁判沙汰にするよりも慰謝料を取る方向で示談に成ったらしい。
金額は500万円を数年かけて分割で。
子供はそのまま産んで、大学生に認知させることと、彼女が結婚できる歳になったら結婚することが条件で、300万まで減額にしたらしい。

私はその話を聞いて、もう彼女に合うことはないなと思っていたが、その夜直ぐに電話が来て会いたいと言い出した。
例のコンビニまで迎えに行って彼女を見たら、お腹が流石に目立ってきて妊婦さんなんだが、顔があまりに幼いので妊娠してるってよりも、太ってる感じしかしない。
もうこの体型じゃ車の中じゃ出来ないので、私の家まで連れ帰った。
2人で風呂に入って彼女の割れ目を明るい所で初めてみた。
軽く開いているが、興奮してる様子はない。
これが妊婦のマンコかと思うとちょっと不思議な感じがしたが、まぁ挿入はできそうだ。
本人は、産婦人科に通ってるので大丈夫だと言う。
体勢さえ考えればセックスは出来るって医者が言ってたと。
医者は中学生にもそんなことを言うんだと初めて知った。
風呂の洗い場で彼女を四つん這いにさせて後ろから挿入するのが一番負担が少なそうだった。
中学生の妊婦を後ろから犯すってのは、まず普通じゃ体験できないことで、その事実だけで充分私のイチモツは限界まで硬くなった。
何度か出し入れしてすぐに果てたが、風呂場なので何も気にすること無くそのまま洗い流し、2回戦に突入。
浴槽のヘリに腰かけて、彼女にイチモツをしゃぶらせる。
彼女は空いてる手で自分の割れ目を弄ってる。
小さかった乳首はかなり大きくなっていて、色も濃くなっていて妊婦のそれに近づいていた。
ちょっとすってみたが別段面白いこともないので、すぐに挿入しようと思った。
その時、「おしっこしたく成った…」と言うので、してるところを見たいから、ここでしろと言ったら恥ずかしいから嫌だと言う。
でも風呂から出さないように出入り口を塞いでたらいよいよ我慢できなく成って、ここでする事になった。
初めから開き気味だったマンコの中から淡黄色の液体がチョロチョロと流れだし、すぐに勢い良く噴出し洗い場を汚した。

私はものすごい興奮をして更にイチモツが硬くなった様な気がした。
そのまま、オシッコが終わる前に後ろからイチモツを差し入れた。
彼女はオシッコしたまま、「え、?あ?」と慌ててたが私の興奮はもはや制御不能で、オシッコを垂れ流す彼女の割れ目におもいっきりイチモツを押し込んだ。
そのまま、腰を動かしてすぐに果てた。
彼女と私は、風呂の洗い場でオシッコとを精子にまみれた状態で横たわっていた。
程なくしてシャワーで全てを洗い流し彼女をコンビニまで送り届けた。
既に朝になっていた。

その後彼女は出産したが、大学生は既に逃げていなかったらしく、結局彼女の私生児として戸籍を取得させたようだ。
学校は中学を卒業したら高校には進まず働く予定だという。
出産後しばらくはセックスしてなかったが、やはり落ち着くとやりたくなるらしく、その後もちょくちょく電話が来てセックスした。
妊娠が終わると割れ目は愛液で溢れかえり、前に濡れてなかったのは妊娠のせいなのかな?と思った。
もう中学生には見えないし思えないけど、若い肉体は掛け値なく気持ち良いものだと教えてくれた。

私のお気に入りは放尿プレイで、彼女がオシッコしている間に後ろから挿入して中で果てることだ。
例の雑木林で、下半身丸出しで、車の後ろでトランクに手をつきながら立ってオシッコをしている所にイチモツを挿入する。
このプレイがお気に入りで、彼女も最初は嫌がってたけど、次第に楽しくなっていったようだ。
そんな関係が続いているうちに、彼女と知り合って2回目の冬が来た。
2人目妊娠が発覚したのは、そんな頃だった。

※モデルは18歳以上のシチュエーション画像です
【イメージ画像「流出写真館 kawori」(提供:STUDIO8203)】

彼女達の素をとらえた本物リアル・ドキュメント2021年第8段が登場!

↓ [無料]更新お知らせメールの登録をする[毎週木曜日] ↓