(5)タブーと恥【実践前の理論】

+ + P008~010 + +
【実践前の理論】タブーと恥

私たちは、子供が大人とセックスすることで傷つくことを、よく読んだり聞いたりします。実際には、あなたが子供に注意を払っていなかったり、子供を尊重していなかったりすると起こることです。しかし、子供とセックスしないというだけでは、これは大人にとっては分の悪い議論です。なぜなら、適切に世話をしないと、(セックスをしなくても)子供たちは傷つく可能性があるからです。つまり、一部の親や保護者はセックス無しでも子どもたちを傷つけているのですから、私たちが気にする必要がないことを意味します。

すべての成人は子供に対して責任があります。子供として扱うことです。これは自然そのものの最も基本的なルールです。ですから、セックスしているときにも、彼らを子供たちとして扱わなければ、彼らはそれに苦しむかもしれません。しかし、彼らが子供であるということを考慮に入れ、(通常の健康な親がそうであるように)性教育学を使用しながら注意深く敬意を持って、最も弱い存在として彼らを扱うなら、本質的には問題ありません。

すべての親がすでに知っているように、子供にはアルコールを与えず、牛乳を与えます。同様に、大人のペニスを少女の膣内に力ずくで押し込んではいけません。適切に発達するまで、優しく遊んであげましょう。すべての健康で正常な大人は、子供を注意深く扱い、子供の「したいこと」と「したくないこと」を尊重します。

子供が正当かつ愛情深く扱われる限りにおいては、子供は大人とセックスすることができるのです。したがって、大人と子供の間の性的関係を禁止するために議論するのは無駄です。セックスは本質的に有害ではありませんし、将来的にも有害にはなりません。

それでは、大人と十分な性的関係を築いた後、なぜ多くの子供が精神的に損傷を受けるのでしょうか。今日の公的な見地からは、大人と子供の間の性的関係は、醜く不道徳で恥ずかしいとされているからです。この考え方は、ほとんどすべての子供に間接的にプログラムされています。したがって、ほとんどの子供は大人とのセックスを醜く、不道徳で恥ずべきものとして感じるように仕向けられます。そして、彼らが成長して社会化されたときに、今日の現代世界の歪んだ文化と考え方によって、精神的に病気になる可能性もあります。

これに関して私たちは科学的に、正しく行われたときには性的遊びや性愛が有害なのではなく、それに対する国民の態度こそが有害であると結論付けることができます。したがって、可能な限り多くの子供がその反対の教育を受けることが非常に重要です。つまり、セックスは面白くて、おいしくて、特別で愛情があり、完全に安全だということを。子どもたちは一日に耐えられる限り多くのセックスをすることができ、そして彼らに愛情と欲望を持っている信頼できる大人となら、誰とでもセックスが出来ることを学ぶ必要があります。それはすべて人間の性科学の自然法則であり、私たちは誰でもそこから愛と喜びの全てを吸収することができるのです。それで、子供たちが生まれてからこれについて学ぶなら、彼らはこれらの偽りの邪悪で人間が作った偏見とは関わりなく育ちます。

実際にはそれほど昔ではありませんが、ある場所では人間は魔女を殺したり燃やしたりするために魔女狩りをしていました。なぜなら彼らは魔女が本当に危険であり、迫害されなければならなかったと思っていたからです。今日では、魔女狩りの対象は小児性愛者に移行しました。彼らは、危険でも有害でもない何かを追い詰めて迫害しています。歴史は繰り返されており、私たち全員がこの文化を押し止めるなにかを作る必要があります。

段階的ガイドに沿った研修が重要です。子供たちを性愛の魔法の地に注意深く導くことで、子供たちは肉体的または精神的に傷つけられることなくセックスを楽しむことができるようになるでしょう。最終的には性教育を受け、安全で精神的に健康で愛される人間になるまで成長します。彼らが思春期に達し、他の人たちとのセックス、または子供たちとのセックスを体験しようとするとき、彼らはあなたがこの教育を受けた後のように教育を受けます。そして、彼らは性的関係を恐れたり不安に思ったりすることは決してないでしょう。

人間は常に大規模に子供たちとのセックスを実践してきたし、そしてこれからもそうするでしょう。私たちを導くいくつかの心理的、歴史的、哲学的な手がかりがあります。小児愛は永遠であり、子どもの成長と愛の感情、安全にとって非常に重要です。非常に多くの子供たちが大人との性的な関係を積極的に求めているのには理由があります。それは興奮と喜びです。彼らは誰でも、これらの新しいエキサイティングな感情を体験し、それらについてすべてを学びたがっているのと同時に、誰かが愛されているのと同じくらい自分も愛されたがっています。そして、子供の愛を求めて、それに感謝する大人が大勢います。私たちの子供たちは美しく、魅力的で、かわいいし、私たちを気持ちよくしてくれるので、小児愛を求めたり手に入れようとする大人が大勢います。子供と恋に落ちるのは非常に簡単です。逆もまた同様です。

今日から子供の愛について学び、最終的にこれについて子供を教育することから始めれば、一緒に恋をしている間、未来の世界は住むのにずっと良くて安全な場所になるでしょう。子供たちとメイクラブしましょう。彼らにあなたをメイクラブさせてください。 彼らを愛してください。私たちは世界を変える必要があります。子供たちには、これがとても必要です。

「How to practice child love(Presented by The Mule)」
(副題「Child love explained by professionals」)
※日本語訳:十三回忌(合法ろりチャンネル管理人)
※無断で本作品日本語訳の複製・複写・データ配信などをすることは、かたくお断りいたします。
※本作品はフィクションであり、実在の個人、団体、地名、事件、その他と一切の関係はありません。
ジュニアアイドルから着エロまでアイドル動画なら「いちごキャンディ」

↓ [無料]更新お知らせメールの登録をする[毎週木曜日] ↓