17才のギャル人妻と母乳¥中出し

JKとの体験談母乳, JK

去年の夏、出会い系サイトを通じて衝撃的な出会いをしました。知り合ったのは神奈川県在住の人妻さん。良い感じに可愛いギャル系の奥様です。
その美人ギャル妻との出会いが、どうしてこんなにも衝撃的かといえば、人妻としては犯罪的とも言える彼女の年齢にあります。信じてもらえないかもしれませんが、現在彼女は17歳。その17歳の彼女には、3つ年上の旦那と6ヶ月になる子供がいるのです。

妊娠発覚後、高校は中退したそうですが、通っていれば今年の4月から3年生だそうです。
出会って数週間は19歳と偽っていたため、いきなりこの事実を告白された時は、全く信じませんでした。何しろ17歳の人妻など、いるはずがないと思っていました。しかし、中学校の卒業アルバムを始め、様々な身分証明書を調べてみると、彼女は確かに17歳。正直、今でも騙されているような感じですが、正真正銘17歳の人妻がここにいるのです。

人妻マニアの僕からすれば、この出会いは人生最高の瞬間。
数え切れない男達に使い込まれた熟マンで遊ぶのも良いですが、やはり、若々しい10代妻のお子ちゃまマンコを自分の色に染めたいというのが、マニアの夢。その10代の若妻の中でも、17歳という年齢は本当に信じられません。人妻ファンの方々には、申し訳ない気持ちです。
しかも、その17歳の若奥様は、引いてしまうくらいのヤリマン娘。幼馴染の旦那とは、中1からずっと付き合っているにも関わらず、経験人数は僕で12人目。更に、中3の時にクラスの男子に生まれて初めて中出しされたらしく、そのまま何度か中出しされているうちに、中出し狂になってしまったそうです。妊娠したのも、旦那に中出しをねだりすぎたせいだとか…

可愛い少女のこんな告白、嬉しいような悲しいような…
可愛いのを良いことに、その可愛さをいけない方向に利用しているようです。とは言いつつも、ヤリマンだからこそ彼女との出会いがあったもの。その淫らさに乗じて、オマンコ乗っ取り計画は着々と進行しています。

そして昨日は、申し訳なくも3度目の中出しさせていただきました。
人妻とのSEXにおいて、中出しは、征服=植民地化の象徴。17歳とは言えども、大人の世界に首を突っ込んだ以上は、この波乱の植民地合戦に付き合ってもらいます。
150cmちょっとの彼女は、膣の方もやや浅め。平均的な僕のチンコでも、深くぶち込むと子宮の奥壁を触ることができます。実は、こここそが彼女のスイートスポット。

子宮を強く押し上げられると、男らしさを感じ、その人を好きになってしまうそうです(笑)
そして、彼女にはきつ~いマンコの他にも重要な武器を持っています。それは、まだまだ発展途上であろう2つのオッパイ。6ヶ月の子供がいる彼女のオッパイは、現在たっぷりの母乳が溜まっているのです。あまり出は良くない方だそうですが、僕以外にも3人の男に飲ませたとか…

中でも、同い年の男子に飲まれた時は、死ぬほど恥ずかしかったらしいのですが、期間限定ということもあり、
「乳首が爛れるまでしゃぶられちゃった♪」
と平然と話していました(汗)

そんな彼女とのHでは、マンコを締め上げつつも、母乳を堪能するのがパターンです。
ガンガンにピストンしながら、時たま子宮を強く押し上げ、母乳を搾り出すように飲む。
こうされた彼女は、可愛い顔を苦渋に染め、甲高い声を上げます。
更に昨日は、中出しでフィニッシュ。旦那&子供がいようが、やはり彼女はまだ子供です。散々に遊ばれた挙句に中出しされた彼女は、既にグロッキー状態。17歳妻のオマンコからは、精子が可愛く流れていました。

誰の妻であろうと、現時点では自分のもの。中出しされたマンコが、それを伝えています。

小休止の後、再び彼女を愛撫し始め、2回戦へ突入。
結局、昨日は3時間で3発やっちゃいました。
Hが終わった後は、人妻とはとても言いがたいマンコの姿。
マンコ全体が精子で照かり、膣は大洪水、彼女自身は死んだように倒れていました。
母親でもある若干17歳の人妻を、こんな姿にしたてあげて良いのだろうか?、と思いつつ、自分の精子を垂れ流す健気な少女を見ていると、再び性器は反り立ってきました。

失神寸前の彼女に、4度目の挿入をしてしまいました。
すると、彼女は僕の手を掴み、
「もう無理…マンコ壊れてる…」と訴えてきました。
「もう一回ダメ?」と聞くと、
「お願い…許して…マンコ、マジヤバい…」と言われました。
さすがにかわいそうなので、3発で終了。
生マンコの感触を確かめながら、チンコを引き抜きました。

これで、膣内射精した回数は、ちょうど10回になりました。膣内射精と言いましたが、正確には子宮内射精。こんなHを10回もしたら、妊娠してもおかしくありませんが、これまで中出しをした日は全て安全日。
人妻としての立場上、他の男の子供を産むわけにはいきません。最近では、専門書を使いながら、「安全日」について詳しく勉強しているようです。中出しのためとは言っても、17歳にして感心な女の子です。
17歳という若さでありながら、家に帰れば一人の妻であり、一人の母である彼女。この女神との出会いは、まさに奇跡としかいいようがありません。旦那さんへの罪悪感は感じつつも、これからこの奇跡の女神を僕専用のマンコ妻に調教していくつもりです。

【ウェブで公開されていた著作権フリーの体験談を編集・整理したものです】
【本文と画像は無関係です】

【イメージ画像「戸惑うぽっちゃり美少女~されるがままに~円光」(動画の志士)より】

彼女達の素をとらえた本物リアル・ドキュメント2021年第8段が登場!

↓ [無料]更新お知らせメールの登録をする[毎週木曜日] ↓